ニュース

2016.05.24

燃料電池小型トラックの技術開発・実証について

株式会社ピューズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大沼伸人、www.pues.co.jp)はグループ会社の株式会社東京アールアンドデー(www.tr-d.co.jp)と共同で環境省 「平成28年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(委託事業)」において「燃料電池小型トラックの技術開発・実証」(以下「本事業」)の採択を受け、本事業を行うことになりました。

地球温暖化対策の一つとして、運輸部門のCO2排出量の削減が喫緊の課題となっています。乗用車においては量産型燃料電池自動車(FCV)が国内自動車メーカーより発売されておりますが、トラックに関してはハイブリッド車が市販されているものの、燃料電池車については依然として研究開発段階にあり早急に燃料電池トラックを実現する必要があります。
本事業では燃料電池トラックの技術開発を行い、車両の基本性能や働く車としての実用性などの検証を経て、普及の基本型となる燃料電池トラックを実現いたします。

尚、実証事業では、水素エネルギー社会の実現に向け「水素リーダー都市プロジェクト」を進めている福岡市において「下水バイオガス原料による 水素製造時にCo2を排出しないグリーン水素」を用いて、福岡市内のエリア共同輸配送の先駆けである天神地区共同輸送株式会社(通称:イエローバード、本社:福岡市)と共同で2018年度に配送業務の実運用を行い、本事業後の2019年度に燃料電池トラックの少量産を目指します。

 

2016年5月24日
株式会社 ピューズ

">