事例 コンポーネント導入実績

千葉工業大学未来ロボット技術研究センタ−様:450W モータドライバ

450W モータドライバ(FTMD)は、NEDO『次世代ロボット共通基盤開発プロジェクト』にて千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)により開発されました。
株式会社ピューズは本製品の製作に協力しました。

項目 仕様 備考
外形寸法 W90 x D55 x H30 [mm] 名刺サイズ(突起物除く)
重量 159 [g]
構成 基板2枚をFFCケーブルで接続 インバータ基板
コントローラ基板
対応モータ 種類 ブラシレス/ブラシDCモータ兼用 x2 ブラシレス/ブラシDCモータ2軸連続制御可能
電圧 24〜48 [V]
最大電流 ブラシレス TypeA 7 [Arms] /TypeB 3 [Arms]
ブラシ TypeA 10 [A] / TypeB 5 [A]
入力電圧 コントローラ 3.3[V]
インバータ 24〜48 [V]
外部通信I/F SPI スレーブモード 1[Mbps]
CAN CAN2.0B 125 [Kbps]〜1 [Mbps]
UART / I2C - 保守用
センサI/F 角度センサ ホールセンサ x2ch
エンコーダ x2ch
リミットセンサ 4ch
アナログ入力 10ch
制御周期 PWM出力 キャリア周波数 20 [kHz]
電流制御 100 [μs]
速度制御 1 [ms]
角度制御 1 [ms]
各指令入力 CAN :1 [ms]

写真提供:千葉工業大学未来ロボット技術開発センター(fuRo)様